Sponsored Link


BEAUTY FITNESS

ダイエット中に積極的に取り入れたい食べもの

 

ダイエット初心者がいざダイエットを始めようとしても、極端にカロリー制限をしようとして結局続かず、結果が出る前にダイエットを断念してしまう方が多いと思います。

 

この問題を解決するには、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

知識としてまずは、ダイエット中でも食べて良い食材と避けた方が良い食材を明確にすることです。その中でもダイエット中は、積極的に食べた方が良いものを紹介していきます。

 

ダイエット中に食べていきたい魚や甲殻類を紹介

さば缶の水煮

さば缶をはじめ青魚に含まれる良質な油でもあるオメガ3系の『DHA』『EPA』には、体脂肪を燃焼する効果と筋肉量を増やしてくれる効果があるのでダイエット中には是非、朝に食べていきたい魚になります。

 

ホタテ

意外と知られていないかもしれないですが、ホタテ100gあたり糖質量が約1.5gでカロリーが72kcalとなっているので、ダイエット中には嬉しい低糖質なうえに低カロリー、そしてタンパク質が13.5gと高タンパク質な食材になってます。あとは、美肌効果に脂肪燃焼効果もありますので積極的に取り入れていきたいですね!

 

マグロの刺身

日本人には、凄く馴染みがある赤身マグロの刺身も栄養価が高くダイエットに向いている食材になります。マグロ100gあたりのカロリーは、約108kcalでタンパク質が約22.8g含まれているので低カロリー高タンパク質で脂質も低いので、夜に食べても安心ですね。

 

ダイエット中に食べていきたい肉類の紹介

鶏むね肉とささみ

ムキムキで筋トレを凄い頑張っている人が味もつけないでパサパサの鶏むね肉を食べている印象が強いかもしれません。もちろんダイエット向きの食材になっていて、鶏むね肉は100gあたり121kcalでささみは114kcalと低カロリー低脂質で約20gのタンパク質も取れ調理もしやすいので食べやすいですね。

 

牛ヒレ肉

牛肉などの赤身肉には、L-カルニチンが豊富に含まれていて脂肪を燃焼しやすくする効果があります。そして、筋肉の中のエネルギー源として貯蔵されるクレアチンも摂取できるのも嬉しいメリットですね。

 

豚のヒレ肉

豚肉には、脂肪も多く太りやすってイメージを持っている方も多くいるかもしれません。ですが、ヒレ肉なら脂質も約1.9gとほとんど含まれてないので安心ですね! そして、豚肉にはオレイン酸が含まれていてコレステロールの抑制効果を発揮してくれるので、体内に溜まった悪玉コレステロールを減らしメタボになるのを防いでくれます。

 

Sponsored Link

ダイエット中に積極的に食べていきたい野菜

 

ブロッコリー

ブロッコリーは、筋トレやダイエットをする方に向けて凄くおすすめする野菜になります。ビタミンCが豊富なのとカリウムにミネラルの一種であるクロムが含まれています。ですので、女性には嬉しい美肌効果にむくみの解消があります。そして、脂肪を燃焼してくれる効果も高めてくれます。

 

アスパラガス

筋トレやダイエットをしている方は、ブロッコリー同様アスパラガスも食べている方が多いと思います。アスパラガスには様々な種類があるのですが、良くスーパーで目にするのがグリーンアスパラガスだと思います。アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種であるアスパラギン酸が糖質の代謝をサポートして疲労回復効果や新陳代謝を高めてくれます。代謝が活発になると消費カロリーも増えてダイエットもスムーズにいくので、こちらも積極的に取り入れていきたいですね。

 

アボガド

アボガドに含まれる栄養価が高く『森のバター』と言われるほど良質な脂質が含まれています。そして、アボガドにはビタミンB郡が豊富に含まれていて取りすぎてしまった3大栄養素が脂肪として蓄積されるのを防いでくれる効果もあるので、朝食と昼食で半分ずつ取り入れていくと良いと思います。

 

ダイエット中でも食べられる果物

 

果物に関しては、ダイエット中に食べて良いのか疑問になりますよね。安心して下さい! どのカテゴリーの食材も食べて良いものと控えたい食べものがあるので、それが分かった上で食生活に上手に取り入れてあげればダイエットの味方にななります。

 

キウイフルーツ

『スーパーフルーツ』と言われるキウイフルーツに含まれる栄養素は凄く高いです。『アクチニジン』という消化酵素が基礎代謝のアップに必要な筋肉作りに欠かせないタンパク質の消化をサーポートしてくれます。そして、食前30分前にキウイフルーツを食べることにより血糖値を下げる役割がある研究結果も出てるので朝食で食べるのがおすすめです。

 

バナナ

バナナダイエット流行りましたよね! バナナには、ビタミンやカリウムそして食物繊維も豊富に含まれているので便通がスムーズになるのと「カルニチン』という脂肪を燃焼する成分に合成する働きを高めてくれるのでダイエット向きの果物になります。朝食に一本か、筋トレをする方でしたら筋トレをする約40分前に食べるのがおすすめです。

 

リンゴ

リンゴダイエットも1度は、聞いたことがありますよね。ダイエットをしていくとタンパク質を意識するので、自然とコレステロールが高い肉と卵の摂取が増えますよね。そんな時に余分なコレステロールを体の外に出してくれるのがリンゴの繊維になります。そして、リンゴに含まれる『ペクチン』が糖質を吸収する作用があり血糖値の上昇を防いでくれる作用もあるので上手に取り入れていきたいですね。

 

まとめ

 

ダイエットを成功させる秘訣は、食べて良い食材と控えていきたい食材を理解して偏った食生活ではなく様々な食材を取り入れていくのが、健康的に痩せられて継続もできますのでダイエットや筋トレに取り入れてみて下さい。

Sponsored Link

-BEAUTY, FITNESS

© 2021 JJLOG