Sponsored Link


BEAUTY

ダイエット中どうしても甘いものが食べたい そんな時におすすめの「黒ごまきなこスムージー」の作り方

 

ダイエットをしていると、無性に甘いものが食べたくなる時がありますよね。でも、だからと言ってケーキやデザートを食べてしまうと、せっかく努力した事が水の泡になってしまいそうで怖い・・・

また、甘いものを食べてしまった日には、「やっぱり食べなきゃよかったな〜。」と1日中罪悪感を感じてしまったり。

 

甘いものが食べられなかったり、食べてしまった時の罪悪感でストレスになってしまうのはダイエットにも良くありません。そんな時におすすめするのが野菜や果物を使った「スムージー」です。

果物や野菜にはビタミンや食物繊維が豊富です。ダイエット中に不足しがちな栄養素を補うことができます。また満腹感を得られ間食を減らすことができます。

 

スムージーはデザート感覚で飲めるため、「甘いものが食べたい」という欲求をある程度満たしてくれます。

ここでは美容効果、アンチエイジング効果も期待できる「黒ごまきなこスムージー」の作り方を紹介します。

 

ごまには「ゴマリグナン」という活性酸素の働きを抑制する栄養素が含まれています。活性酸素は細胞を酸化させ私たちの身体を老化させます。活性酸素が増えていくと肝機能の低下、肌のハリの低下、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールが増加が起き、生活習慣病にかかりやすくなってしまいます。ごまにはたくさんの抗酸化物質が含まれており、肝機能を改善しコレステロールを減少させ、脂質代謝を促進するなど若返り(アンチエイジング)に効果があると注目されています。

 

きなこには、大豆に含まれるリノール酸の働きによってごまと同様に、抗酸化作用を発揮すると言われています。また大豆に含まれるサポニン、レシチンにはコレステロール値を下げる効果があると言われています。更にダイズオリゴ糖には腸内の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を改善し便通を良くするなどの効果が期待されています。

 

こんなに身体に良い栄養素がたくさんのスムージーは飲むしかないですね。

黒ごまきなこスムージーはバナナを使うため、砂糖なしでもとっても甘くて美味しいです。また自然な甘みのためすっきりと飲むことができます。本当におすすめのスムージーです。簡単にできるので是非作ってみて下さい。

 

黒ごまきなこスムージーの作り方

材料:2人分

・バナナ/2本

・豆乳/300ml

・すりごま(黒ごま)/大さじ1

・きなこ/大さじ2

①バナナを一口大に切る

②バナナ、豆乳、すりごま、きなこをミキサーに入れる

③材料を全て入れたらミキサーにかける

④バナナがペースト状になり、材料が全て混ざったら出来上がり

メモ

・ごまやきなこの量はお好みで変えて下さい

 

スムージーを作ったことがない方でも本当に簡単に出来てしまいます。

忙しいと朝ごはんを抜いてしまったりするかもしれませんが、朝ごはんを抜くことはダイエットには良くありません。スムージーは5分もあればパパッと作れるので忙しい日の朝食代りにもなりますね。

 

ストイックに頑張りすぎても、精神的に疲れてしまってダイエットが続かなかったり、ダイエット後にたくさん甘いものを食べてリバウンドしてしまうかもしれません。

どうしても甘いものが食べたくなった時には「黒ごまきなこスムージー」を是非作って飲んでみて下さい。

Sponsored Link

-BEAUTY

© 2021 JJLOG